• シロアリ駆除
  • スズメバチ駆除
  • 断熱リフォーム
  • 耐震診断
  • 安心生活グッズ

お家長持ちの秘訣

床下は木材を腐らせる防腐菌の温床です。原因は、地盤水蒸気と低温による高湿度です。

床下の湿度を改善(平均80%RH以下)すれば木材の腐れ(劣化)が防げます。
そんな環境にするには、床下防湿マットと換気扇が有効です。
調湿剤と称して、床下に吸・放湿性の炭や鉱物を敷設する商品がありますが、地盤水蒸気を遮断しないと効果はありません。
換気(排気と外気導入)と地盤水蒸気の遮断、これが床下防腐対策の基本です。

床下防湿マット
床下が高湿度になる原因は床下地盤から発生する水蒸気です。これを遮断するアルミシートとマットの表面結露を抑えるスーパー吸・放湿繊維「モイスファイン」を組合わせることで、床下湿度を改善(低下)します。
(株)東洋紡との共同開発製品で国内唯一の「効果に関する科学的な説明」と「裏付データ」を備えた商品です。
詳細はこちら

床下換気扇
床下に換気扇をつけることによって、床下の湿気を追い出し、乾燥した環境をつくり出します。外気を導入することで平均湿度を改善します。
詳細はこちら