米子営業所

staff

所在地 〒683-0009 鳥取県米子市観音寺新町3丁目4-2
TEL 0859-32-1272
FAX 0859-32-1282
営業エリア 米子市・境港市・西伯郡(日吉津村・大山町・南部町・伯耆町)・日野郡(日南町・日野町・江府町)
業務内容 建築物害虫防除工事、蟻害腐朽検査、ハチの駆除、建築物防腐処理施工、ゴキブリ・ネズミ等防除工事、住宅環境設備工事(床下換気ファン・床下防湿施工・断熱リフォーム)、耐震診断、耐震改修工事

最新の営業所だより

鳥取県米子市の「米子営業所」をご紹介します。

米子市は、鳥取県西側、山陰のほぼ中央に位置しています。
東に「伯耆富士」と呼ばれる国立公園大山、北に日本海、そして西には汽水湖として日本で2番目の大きさを誇り、ラムサール条約にも登録されている中海という、豊かな自然に恵まれた街です。
人口は約14万8千人、山陰の中核都市です。
コダマサイエンス米子営業所は、米子市民球場がある南ニュータウン観音寺新町に位置し、東は一級河川日野川が近くを流れています。アクセスも南方向の山陰道米子南ICまでは車で約2分、JR東山公園駅にも徒歩約10分と便利な交通環境です。
社内会議などもおこなわれる米子営業所は広くて明るい事務所です。

米子営業所は、鳥取県西部全域を担当しており、シロアリ駆除・予防をはじめ、ネズミやゴキブリなどの衛生害虫防除などのほか、耐震診断や改修にも力を注いでいます。

スタッフは50歳代、40歳代、30歳代とバランス良い年齢構成。10年以上の豊富な経験を重ねた中堅・ベテランスタッフに支えられ、業務は安定感を感じます。お客様へはわかりやすく的確な説明や点検、施工もマニュアルに沿った処置や工事を行い、信頼を重ねています。
笑顔がたえることなく、明るい会話が弾むスタッフが揃います。

staff
営業所スタッフ

そんな営業所を束ねるのは小川所長。

小川所長に話を伺いました。

長崎県島原地方ご出身の小川所長は、コダマサイエンス16年のキャリア。すっかり山陰に溶け込まれています。
東は中山町から西は県境まで、西伯郡・日野郡など南部の広いエリアを受けもつ営業所ですが、「エリアは広いとは思いません。エリア別に担当者を配置し、地域のお客様に密着した業務を行っており、担当エリア全体をしっかりとカバーしています。」
また、「現在中堅・ベテランで安定していますが、将来にむけて次の世代を担う、若い世代を育てていきたい。」と抱負が聞かれました。

syotou
小川所長

窓口の永島です

お客様や業者様などから米子営業所へお電話をいただくと、ほぼ私がお受けします。各スタッフとJA様との連携をはかりながら、連絡など細かなコミュニケーションに努めています。シロアリ被害と思われるお客様からの相談をよく受けます。状況をお聞きしてお客様の心配が早く取り除けるよう、担当スタッフに取り次ぐことを心がけています。私共は「即対応」できることを大切にしています。

皆様、ちょっとしたことでもシロアリ被害になる前に、お気軽にご連絡してください!

嬉しかったこと~悪徳業者から施工金返還に一役~

先日、シロアリ施工を名乗る業者に依頼されたお客様からご相談をいただきました。それは、「訪問販売でシロアリの予防処置をされた」ことでしたが、施工後お客様が「怪しい??」と思われ、JA様にご相談をされ、小川所長も専門家としてお客様宅に伺われました。
施工が正しいものだったか、またはマニュアルに沿ったものかどうか検証されました。適正なものではないように思い、その施工業者に質問したところ業者側も否を認め、施工金をお客様に戻されたとのことです。お客様から大変喜ばれ、信頼をひとつ重ねることができました。
皆さん、悪徳業者には気をつけましょう!

シリーズ 今回のイチオシ!

米子営業所スタッフが周辺のイチオシスポットを紹介します!

今回は鳥取県西部の魅力~水~
伯耆富士と呼ばれる秀峰大山から湧出する豊かな水を取り上げます。
大山をぐるっと囲むように著名な名水を汲むことができるポイントの一部を紹介します。

米子市水道局が販売する「よなごの名水」

mizu

米子市水道局 車尾水源地の地下85メートルからくみ上げた源水を煮沸滅菌してボトルに詰めた「よなごの水」を、平成16年のアジア太平洋環境会議「エコアジア2004」やいろいろなイベントで配ったところ、「おいしい水道水」として大好評。
その後、「どこで手に入るのか?」「販売はしないのか?」とお寄せいただいたたくさんの声を受け、平成17年11月から500ml入りペットボトルを、1本100円(税別)で販売しています。

天の真名井

amanomanai (300x199) suisya (200x300)

「真名井」とは神聖な井戸のこと。
その中でも最上級の敬称が「天の真名井」で、名に恥じぬ清らかな水は、環境省の名水百選に指定されています。
湧水量は日量2,500トンを誇り、生活用水や農業用水、ニジマスの養殖などにも広く活用されています。
泉の周辺にはカヤ葺きの水車小屋やあずまや、遊歩道があり、懐かしさをかもし出しています。
鳥取県米子市淀江町高井谷47
<無料>

本宮の泉

donnguri (300x208)

「真名井」とは神聖な井戸のこと。
本宮の名水水汲み場(背景は秀峰大山)
日量15,000トンを湧出する豪快な名水。
昭和60年、鳥取県の「因伯の名水」の「暮らしの中の泉」に選定されました。
飲んでおいしいだけでなく、ニジマスやコイなどの養殖もさかんで、近くの「淀江どんぐり村」では、名水で育った魚と山菜の料理が楽しめます。
鳥取県米子市淀江町本宮大山道路沿い。<無料>