お知らせ

平成30年3月3日全体会議を行いました。

桃の節句の3月3日本社供養碑の前で、白蟻供養をおこないました。

この冬は寒さが厳しく、雪の日が続きましたが、この日は晴れ渡り、春本番が来たかのような、穏やかな天気に恵まれました。

午前11時全員が集合し、野津雅史住職(常光寺)のもと白蟻供養を執りおこないました。

今年は米子営業所の川上社員が進行いたします。

住職の読経の後、小田社長から順に全員が焼香し、犠牲になった尊い命に手を合わせました。

kodamazentai

odasyatyoui

<白蟻供養碑の前に全員が揃いました> <小田社長焼香>

 

今回の弔辞は社員を代表して、米子営業所 木代社員が述べました。

 

tyouzi tyouzibun
<弔辞を読む木代社員>

<弔辞>

zyuusyokju seppounotu
<野津住職> <法話をされる住職>

 

野津住職から法話をいただきました。

柳生家家訓の名言を紹介されました。

 小才は、縁に会って縁に気づかず。

 中才は、縁に気づいて縁を生かさず。

 大才は、袖振り合う縁をも生かす。

住職から、「才能の無い人はご縁に気づかない。中の才能の人はご縁に気づいていても、それを生かさない。とても才能のある人は、袖が触れるほどの些細なご縁も逃さない。」と解説をいただきました。

 

また、弔辞で木代社員が述べた「シロアリの命と引き換えにお客様に感謝され、私たちは生活している」ことに触れ、例えば私たちが日々食事をすることは穀物や動物の命をいただいています。殺生していることに気づき、この殺生(ご縁)に感謝する気持ちが大切であると話されました。

 

普段、私たちが気付かないことに気付かされて、ありがとうございました。

 

 

白蟻供養を終え、全体会議は場所をホテル一畑に移しておこないました。

hoteruitibata kogan
<会場 ホテル一畑> <ホテル一畑から宍道湖をのぞむ>

 

押柄部長の司会のもと、平成30年度コダマサイエンス全体会議がスタートしました。

kodamazenntai1

【全員が着席しました】

 

【社長挨拶】

 はじめに小田社長からのメッセージです。

小田社長からは昨年度の営業結果の総括、人事、福利厚生などについてのコメントをいただきました。

中期経営ビジョンの経過は、社員の協力と努力の結果、全体で計画通りに進んでいること、社員の高齢化に対して新卒者の採用や中途採用を計画的に進めていること、新規事業に対する方針や人事についての方向性を示されました。

odasyatyou2

<小田社長>

 

 

【新入社員紹介】

次は新入社員の紹介です。

コダマサイエンスはこの4月より3名の新入社員が加わります。1名は学業のため出席できませんでしたが、2名の新入社員が姿をみせました。

 

<新卒採用者 3名>

 鳶田光 法人営業部

 藤原大輝 松江営業所

 阿波秋海 鳥取営業所

sinnnyuusyainn

<新卒者 2名>

 

また2名の中途採用者が紹介され、挨拶をおこないました。

 今井友理 本社

 鐘築蓮 松江営業所

tyuutosaiyou

<中途採用者 2名>

 

小田社長からは「我社も平均年齢が年毎に高くなってきているので、定期的に若い社員採用してバランスが取れる企業を目指している。」また「社員の紹介から入社に至るケースがあります、これは社員が他人にも、我社の入社を勧めることができる企業と言え社員が満足している証である。」などのコメントをいただきました。

 

 

【昇格者発表】

次は昇格発表・辞令授与です。今回は次の3名が昇格されました。おめでとうございます。

 

 ・江津営業所 所長 佐々木謙二

 ・倉吉営業所 所長代理 瀬尻佳

 ・鳥取営業所 工務主任 山本慎吾

syoukakusya

<昇格者 3名>

昇格者はひとりづつ小田社長より辞令を授与され、決意スピーチをおこないました。

 

【新組織図発表】

全員に配られた新組織図を元に、小田社長より説明されました。

 

【決意表明】

新年度の決意表明は社員を代表して米子営業所 大瀧法男社員です。

大瀧社員は3年間工務の仕事でしたが、本人より営業職を希望したい意向があり、会社は本人の意欲を受けました。

家庭では近く、二人目の子供さんが誕生されるそうで、仕事・家庭ともにポジティブ。元気いっぱい決意表明をおこないました。

 

【中期ビジョン・平成30年度経営計画発表 平成29年度抱負発表】

平成30年経営計画はあらかじめ配布された資料を元に、小田社長より説明がありました。

主な課題として 「部門ごとにすれ違い」 「新規事業に関して」 「マニュアルの更新」 「休日の拡大」など7つについて方向性や具体的な指針の説明がありました。

 

続いて「平成30年度抱負発表」です。

営業所・部門ごとにそれぞれが順次前に揃い、所属長から部所の経過と抱負、そして全員がひとりずつ抱負を述べました。

matueeigyousyo honnsyahouzinn goutueigyousyo masudaeigyousyo
<松江営業所> <本社法人> <江津営業所> <益田営業所>
okieigyousyo

tottorieigyousyo

kurayosieigyousyo yonagoeigyousyo
<隠岐営業所> <鳥取営業所> <倉吉営業所> <米子営業所>
hirosimaeigyousyo honnsyasoumu
<広島営業所> <本社>

 

【平成29年度表彰】

次に昨年度の表彰をおこないました。受賞者4名は小田社長より表彰状を受取り、受賞コメントを述べました。

hyousyousya hyousyusya2
<コメントを述べる中村社員> <受賞者>

 

【永年勤続表彰】

今回は、「15年勤続者」は5名、「10年勤続者」は1名でした。

 einenn1 einennkinzoku
<15年表彰 2名> <15年表彰 3名>

einennkinnzoku10

<10年表彰のコメントを述べる村上係長>

 

休憩をはさんで各方面の方々より説明をしていただきました。

 

「平成29年度を振り返って」 HRコンサルティング 鹿嶋先生

日頃、コンサルティングなどでお世話になっている鹿嶋先生からは、

・昨年実施した「中堅社員研修」の感想

・客観的な立場から感想と願い

先生は「現状維持は後退と同じ」(ある企業のトップの言葉)を紹介され、社のため、また自らが成長するための行動目標を各自がつくり、その意識を持続して欲しいというメッセージをいただきました。

鹿嶋先生ありがとうございました。

 

「新勘定奉行について」 ㈱ミック 田原様

新しい会計の導入についての説明です。経理担当者は真剣に聞き入っていました。

 

「車両リースについて」 オリックス自動車㈱ 芝様

社有車のリース化によって、既存より経費の縮減をはかるため導入します。利用にあたっての注意点などの説明をいただきました。社員からはいくつかの質問があり、具体的に答えていただきました。

 

各方面の皆様、ご多忙中ご臨席いただきまして誠にありがとうございました。

 

以上をもって全体会議は午後4時終了いたしました。

今年度は各営業所・拠点の目標を達成できるよう頑張りましょう。